便秘解消しよ!

腸活で内側からきれいになる方法

子どもの便秘を解消する方法

スポンサーリンク

便秘がつらいのは大人だけではありません。赤ちゃんや小さなお子さんだって、便秘はつらいものです。とはいっても、子供の場合、自分で対処できないことも多いので、大人がきちんとケアしてあげたいですよね。

 

今回は、子供の便秘を解消する方法を調べてみました。 

 

スポンサーリンク

 

 

生活習慣の改善

生活習慣の乱れが子供の便秘に大きく影響していることがあります。

 

早寝早起き、十分な睡眠、3食の食事日光を浴びせてあげたりして生活リズムをつけてあげることが大切です。

 

幼稚園や保育園に通っているお子様は、外ではトイレに行きづらい場合もあるので、少し早起きをして毎朝トイレに行く習慣をつけてあげるのも大切です。

 

食生活の改善

f:id:hanagardener:20171005215147j:plain

3食バランスの取れた食事を心がけるのも、便秘解消にはとても重要です。食物繊維や十分な水分、乳酸菌を摂取し、腸内環境を整えてあげましょう。

 

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があるので、お子様の便の様子を見ながら食事の内容も少しずつ変えてあげましょう。

 

糖分を含む飲み物

糖分には、便を柔らかくする効果があります。

 

果物の汁や砂糖を薄めた物を少し飲ませてあげるのもオススメですが、多すぎたり飲ませ過ぎると癖になるので注意も必要です。

 

オリゴ糖なら、カロリーも低く虫歯にもなりにくいのでおすすめです。

 

お腹のマッサージ

自分で思うように動けない赤ちゃんは、特にママの手で優しくお腹をマッサージすることで腸の動きを促すことができます。

 

手のひらでおなかに『の』の字を描くように、ゆっくりマッサージしてあげましょう。

 

思った以上に効果があるのでおすすめです。

 

綿棒浣腸

赤ちゃんの便秘で、お腹のマッサージでも解消できなかった場合、綿棒浣腸がおすすめです。これはすぐに便が出てくるので、きちんと汚れてもいいように準備をしてから行いましょう。

 

綿棒にオリーブオイルやベビーオイルを垂らし滑りをよくしてから、赤ちゃんのお尻の穴に入れて刺激します。大人用の綿棒を使い1.5cm~2cmほど差し込んで時計回りに回してみてください。

 

ただし、効果がない場合、長時間やり続けると赤ちゃんも苦痛なので無理な場合はすぐに諦めてまた後日チャレンジしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク